成功するネットショップの始め方〜開業・運営ノウハウ&基礎知識

ネットショップの始め方 【開業・運営の秘訣】 > アドワーズ活用具体策 > Google主催のアドワーズセミナー4

アドワーズ活用具体策

Google主催のアドワーズセミナー4

“ネットショップどこで始めればいいの”はここで解決


Google主催のアドワーズセミナー4


1、効果的なキーワードを追加する
2、掲載順位をUPさせる
3、効果的な広告テキストを作成する
4、コンテンツターゲットを使いこなす
5、モバイル広告

4番目の項目について

4、コンテンツターゲットを使いこなす 
 このサイトに広告が出せたらなぁ、ずばり!それがコンテンツターゲットです。


 1)考え方
   まずは、一般的なアドワーズサーチ広告とはロジックが別物であることを
   知っておく必要があります。

   アドワーズサーチ広告は自分が広告を出したいキーワードの検索結果に対して
   自分で広告を出せるものですが、コンテンツターゲットは、
   世の中に数あるサイトの中から、グーグルのロボットがそのページの内容を分析して
   内容にマッチした広告を出す仕組みだということを認識しておきましょう。


 2)ではどうすればいいのか?
  (1)自分の出したいサイトはありますか?
    自分の広告の出したいサイトに”スポンサード広告”が表示されていれば、
    広告掲載が可能ということになります。

    もし今すぐに思いつかないのなら
    アクセス解析からアクセスの多いサイトをたどってみるというのも手ですね。


  (2)自分の出したいサイトを分析
    どんなテーマのサイトか?
    どんなキーワードを重要視してサイトはつくられているか?
    サイトコンテンツはどんなカテゴリわけをされているか?
    

  (3)コンテンツに合わせ、コンテンツターゲットを調整する。
    ずばりここがポイントです。広告グループを広告の出したいサイトの
    コンテンツ、キーワードに合わせ同期を図ります。
    このことによって、ロボットに広告の出したいサイトにあった広告であると
    認識させるように調整を図ります。

    (2)の分析をしっかりとやっておけば、この点も100%ではないにせよ
    現実に可能です。そのためにも広告グループはサーチ広告とは別の広告グループを
    つくって管理するようにしましょう。


サーチ広告と同様にコンテンツターゲットを使用する、通常コンバージョンは
かなり落ちてしまうのが一般的です。

そこで駄目だなと諦めてしまうのではなく、
上記の施策を実施すれば効果は確実に上がります。

サーチ広告は検索途中の一瞬がチャンスです。
コンテンツターゲットは、そのサイトを訪問している人が閲覧している間が
誘導のチャンスです。

切り口は全く別物と考えて取り組んでみましょう。


みんなが選ぶネットショップ向けレンタルサーバーはこれ!


ランキングに参加しています
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
※ネットショップ開業するなら※
ネットでの商品仕入サイト活用で売上UP
016-005.gifネットショップ運営・開業に役立つおすすめページ
あなたの知りたい情報はどんな情報ですか?
商品仕入の頼もしいパートナー
 
メルマガ配信ツールの選び方
 
 売れる販促自動化ツールの決定版
 
 
スタッフを1人増やす前に導入したい
顧客管理ツール選び
 
ショッピングモール成功事例に学ぶ
 
レンタルサーバー選びの賢い選択